もしかして、アスペルガー?とお悩みの方へ

もしかしてアスペルガー?
あなたは、周りの人から「ちょっと変わっているね」とか「KY(空気が読めない)だね」と言われることがあったり、自分自身でも「自分はどこか人と違っている」という自覚はありませんか?

そして、一生懸命に仕事をしているのにうまくいかない、相手の説明がうまく理解できない、人間関係がうまくいかない、といった生きづらさを感じているのではありませんか?

もし、思い当たるふしがあるのでしたら、あなたは「大人のアスペルガー症候群」かもしれません。

当サイトは、大人になってから「もしかして、自分はアスペルガー症候群なのではないか?」と悩んでいる人に対し有益なコンテンツをご提供します。もしあなたがアスペルガー症候群の診断を病院で受けたいときは、「大人の発達障害を診断してくれる病院」をご参照下さい。

また、アスペルガー症候群を含め、発達障害に関する様々な支援を行っている、全国の発達障害者支援センターのリストも載せてありますので参考にして下さい。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは、広汎性発達障害(PDD:Pervasive Developmental Disorders)の一つで、知的障害(IQ70以下)を伴わない自閉症に分類されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加